本文へジャンプ

ニュース

2016年4月01日(金)[更新情報]

地方公共団体におけるデータ活用事例集の公開

2012年7月の電子行政オープンデータ戦略策定以降に本格化した我が国のオープンデータの取り組みも、公開から活用の段階へと移行しつつあります。オープンデータを含むデータの活用には、「市民による活用」「ビジネス活用」に加え、「行政自身による有効活用」が挙げられます。

VLEDとしては、2015年11月に「自治体職員向け研修プログラム」(※)を開催したように、「行政自身による有効活用」を推進しております。今回は、他自治体のデータ活用事例を広く知って頂くために、参考となる事例を収集しました。

下記成果公開ページの「参考資料」に掲載しておりますので、ご参考にして頂きたく存じます。

http://www.vled.or.jp/results/

なお、本事例集は、調査実施時点で、公開をご承認頂いた事例を掲載しております。全国自治体の皆様には、本事例集に加えて頂ける事例等ございましたら、VLED事務局までご連絡頂けると幸いです。下記お問い合わせフォームからもご連絡頂けます。

https://www.vled.or.jp/contact/event/


※「自治体職員向け研修プログラム」では、対話型自治体経営シミュレーションゲーム「SIM熊本2030」を用いて、政策判断の際のデータ活用の重要性等を理解していただく研修を実施しました。

https://www.vled.or.jp/symposium2015/training/

最新のニュース一覧へ戻る