本文へジャンプ

委員会

データガバナンス委員会

概要

政府・地方自治体や民間企業が保有する情報をオープンデータにするにあたって、法制度や管理手法等、ルールやガバナンスという視点から課題としてあげられる事項について、制度のあり方を検討し、政府等に提言を行うことを目的とする委員会。

2013年度には技術委員会と共同で政府・自治体等が保有する情報をオープンデータにする際のルール・技術について解説するオープンデータガイドを作成。ガイドの利用ルール編について更新管理を行っている。

体制

  • 主査
    井上 由里子(一橋大学大学院国際企業戦略研究科 教授)
  • 副主査
    野口 祐子(グーグル株式会社 法務部長 弁護士)
  • 委員
    沢田 登志子(一般社団法人ECネットワーク 理事)
    宍戸 常寿(東京大学大学院 法学政治学研究科 教授)
    友岡 史仁(日本大学法学部 教授)
    森 亮二(英知法律事務所 弁護士)
  • オブザーバー
    総務省、内閣官房、経済産業省、国土交通省等
  • 事務局
    三菱総合研究所

過去の検討

2013年度以前の検討については、オープンデータ流通推進コンソーシアムのアーカイブページをご覧下さい。

委員会TOPへ戻る