自治体職員向け研修プログラム参加者募集のご案内

自治体職員向け研修

自治体職員向けオープンデータ研修プログラム

研修開催趣旨

2016年12月に「官民データ活用推進基本法」が制定・施行され、国の計画に続き、自治体での計画作りが求められています(都道府県は義務、市区町村は努力義務)。
また、2017年6月に「世界最先端デジタル国家創造宣言・官民データ活用推進基本計画」が閣議決定され、同月に閣議決定された「未来投資戦略2017」では、2020年度までに、自治体のオープンデータ取組率を100%にする目標が掲げられました。
一方、自治体におけるデータ活用の意義・必要性の理解は必ずしも浸透しているとは言えず、オープンデータに取組む現場からは「公開の手間がかかる」「公開しても使われない」といった声も聞こえます。

VLEDでは、2015年度から、福岡市、神戸市、札幌市、広島市で、オープンデータに関する基礎的な知識や考え方を身につけるとともに、データを活用することの重要性を理解していただくことを目的とした自治体職員向け研修を行ってきました。
今年度は、福島市で開催いたします。

プログラムは、データの重要性に気づく「SIMULATION熊本2030」を中心に、行政におけるオープンデータやデータ活用に関する理解を深めることができる内容となっています。 多くのみなさんのご参加をお待ちしています。
参考:SIM熊本2030
参考:SIM熊本2030体験記

なお、毎年、本研修の前後の日程で開催しているオープンデータシンポジウムについては、今年は海外から多数のオープンデータ関係者が集まる「2019 International Open Data Summit」との一体開催としたため、 研修とは日程を分けて、10/8(火)に東大・安田講堂での開催となりました。こちらもぜひご参加ください。

日時

2019年11月2日(土) 13:30〜18:30(13:00開場)

場所

コラッセふくしま 研修室
福島県福島市三河南町1番20号
会場へのアクセス

募集概要

参加費用は無料です。
VLED自治体会員については、旅費・宿泊費を1自治体1名までVLEDが負担いたします。
今回のイベントにあわせてVLED自治体会員として加入していただく場合を含みます。
VLEDの入会案内は、こちら をご参照ください。
VLED自治体会員以外については、旅費・宿泊費は各自にご負担いただきます。
申込受付期限:2019年10月25日(金)17時まで

対象者

自治体職員、VLED社員企業関係者(48名(6人 × 8グループ)程度を想定)

主催等

主催

一般社団法人オープン&ビッグデータ活用・地方創生推進機構(VLED)、総務省

協力

くまもとSMILEネット

プログラム(予定)

時刻 時間 内容
13:00 30分 開場・受付開始
13:30-13:40 10分 オリエンテーション
13:40-14:30 50分 オープンデータ概論
14:40-14:50 10分 VLED社員企業ミニプレゼン(5分x2社)
14:50-15:00 10分 休憩
15:00-18:30 210分 データの重要性に気づく:SIMULATION熊本2030
18:30 閉会
19:00-21:00 120分 懇親会

※プログラムは変更する場合があります。

お問い合わせ

本イベントの運営者であるVLED事務局(株式会社三菱総合研究所)及び株式会社マルクスインターナショナルまでお問い合わせください。
event-info@vled.or.jp

その他

本研修の運営は、株式会社マルクスインターナショナルに委託して行います。